カテゴリー「レシピ」の記事

いちじく煮

◆材料◆

いちじく...1㎏

砂糖...200g

酢...45ml

 

◆作り方◆

1.いちじくはへた取り、水洗いする。

2.鍋に酢、いちじく、砂糖を入れて火にかける。

3.はじめは強火で煮立たせ、煮汁が上がってきたら弱火にして落としぶたをして、1時間くらいコトコト煮る。

 

ひとこメモpen

焦げつかないように気をつけ、煮汁が少なくなる手前で火を止めるのが、美味しいコツwink

炊飯ジャー de 蒸したまご

◆材料◆

たまご...10個

砂糖...180g

水...90ml

牛乳...90ml

白だしor麺つゆ...大さじ2

 

◆作り方◆

1. たまごを割りほぐし、他の材料を加えながら溶き混ぜる。

2. 1を2回ザルでこし、薄く油を塗った炊飯ジャーに入れる。

3. 保温機能で6〜8時間保温する。

4. 表面が乾いて竹串を刺しても卵液が出てこなければ出来上がり。

5. ふちをくるりとはがして皿をかぶせ、釜をひっくり返す。

6. 冷蔵庫で冷やして切り分ける。

 

◆補足◆

水と牛乳の比率は、お好みで調整してくださいねheart04

田楽みそ

◆材料 (4人分)◆

味噌 大さじ6

砂糖 大さじ6・1/2

酒  少々

 

◆作り方◆

1. 鍋に味噌、砂糖、酒を加えてよく練る。

2. 水やみりんで硬さを調整しながら、好みの質感になるまでまぜる。

3. 焼き上がったハタハタにみそをつけ、両面をさっと焼く。

錦卵

お正月レシピrestaurant

 

◆材料◆

堅ゆでたまご...6個

グラニュー糖...大さじ7

塩...少々

 

◆下ごしらえ◆

① たまごは白身と黄身に分ける。

② 裏ごし器で白身を裏ごしし、次に黄身を裏ごしする。

danger 黄身から先に裏ごしすると、黄身のかすが残って色がついてしまう)

③ 蒸し器に水を入れ、火にかけておく。

 

◆作り方◆

裏ごしした白身にグラニュー糖大さじ4塩小さじ1/3を加え、はしでよく混ぜる。

裏ごしした黄身は3/4と1/4に分ける。

3/4のほうにはグラニュー糖大さじ2塩ひとつまみを加え、はし3本を束ねて軽く混ぜる。

1/4のほうは、グラニュー糖大さじ1塩ひとつまみを加えて味をつける。

⑤ 流し箱に①を入れて広げ、一文字などで押さえるようにして表面を平らにならし、同時に空気を抜く。

⑥ ③を上にのせて木ベラで平らに広げ、軽く表面を押すようにして下段の白身になじませる。

⑦ ④を上にのせて、軽くふんわりとなるように表面を平らにならす。

⑧ 湯気の上がった蒸し器に入れて、中火で8分ほど蒸す。

danger 蒸し器のふたの内側の水気をよくふいてから)

⑨ 蒸し器から流し箱ごと取り出してよく冷まし、箱の枠をはずして食べやすい大きさに切り分け、器に盛る。

たまご寒天

正月レシピrestaurant

 

◆材料◆

テレット寒天...2コ

水...1200ml

砂糖...200~300g(私は250にしてますheart04)

醤油...60ml

たまご...2コ

 

◆作り方◆

① 鍋に水と寒天を入れ、寒天が少しふやけてから、火にかける。

② 寒天が溶けたら、砂糖、醤油をいれる。あくをとりながら、5分煮る。

③ たまごをときほぐし、流し入れる。(浮きあがってきたら、すぐに火を止める)

④ 容器に入れ、冷やし固めれば、できあがりshine

続きを読む "たまご寒天" »

水ようかん

お正月レシピrestaurant

 

◆材料◆

テレット寒天...2コ

水...810ml

砂糖...500g

生あんこ...500g

塩...ひとつまみ

 

◆作り方◆

① 鍋に水と寒天を入れ、寒天が少しふやけてから、火にかける。

② 寒天が溶けたら、砂糖、生あんこ、塩を入れて、弱火で煮る。

③ かきまぜながら冷ます。 (分離しないように)

④ あら熱をとり、人肌の温度になったら、容器に流す。

⑤ 冷やすとできあがりshine (冷蔵庫なら約40分)

続きを読む "水ようかん" »

もって菊

Sbsh0423

 

山形県庄内地方の秋の味覚・もって菊です。

もって菊についての詳細、レシピはこちら。。

かぼちゃマフィン

◆材料(カップ9個分)◆

薄力粉...75g

ベーキングパウダー...小匙1

シナモンパウダー...小匙1/4

塩...小匙1/4

サラダ油...大匙5

グラニュー糖...60g

卵(L)...1個

かぼちゃ...140g

 

◆作り方◆

① 薄力粉、ベーキングパウダー、シナモン、塩を合わせて、2回ふるう。

② かぼちゃの皮をむいて固めに蒸してつぶす。

③ オーブンは180℃に温める。

④ サラダ油にグラニュー糖を加え、泡立て器で混ぜる。 (白っぽく、とろりとなればOKsign03

⑤ 卵を溶いて少しずつ加え、とろりとなめらかになるまで混ぜる。

⑥ 木べらに変えて、ふるっておいた粉類を加え、切るように粉っぽさがなくなるまで混ぜる。

⑦ 軽く水気を切ってにんじんを加え、手早く混ぜ合わせる。(かぼちゃマフィンも同様に...)

⑧ 天板にアルミケースを敷き生地を入れ、180℃のオーブンで、15~20分焼く。

⑨ 中まで焼けたら出来上がり。

だだちゃ豆のおいしいゆで方

だだちゃ豆の特徴

① 多品種に比べサヤ幅が広く、実の間がくびれていて、しわのあること。

② サヤの表面が茶色であること。

③ 甘味があり香りがよく何とも言えないおいしい味。

 

おいしいゆで方

① 洗い桶にサヤ豆を入れ、水は少なめにして米を洗うように、ごしごしと強く茶色が撮れるように洗う。

② 数回水を入れ替え、①と同様に洗う。

③ たっぷりの水ですすぎ洗いをする。

④ ザルに上げて水気をとる。

⑤ 鍋にサヤ豆の3倍の水を入れ、沸騰させる。

⑥ 沸騰したお湯に④を入れ、蓋をする。

⑦ 2~3分後沸騰するので、蓋を取りサヤを見て、割れ目ができたらザルに上げる。

 (沸騰時間は、豆の量と火力によって違う)

⑧ すばやく水をかけ、あるいは桶に水をはっておき、ゆで豆を入れ、あら熱を取る。

⑨ ザルにゆで豆を入れて十分に水気を取り、塩を好みで振り混ぜて出来上がり。

コーヒー寒天

◆材料◆

寒天棒...1本

水...500ml

砂糖...150~200g

コーヒー粉...小さじ1

 

◆作り方◆

① 寒天を煮溶かす。

② 寒天が溶けたら弱火にして、砂糖を入れる。

③ 火を止め、コーヒー粉を少しずつ入れる。

④ 容器に流し入れ、常温で放置する。

⑤ 少し冷めたら、冷蔵庫に入れる。

より以前の記事一覧

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ