カテゴリー「うさぎの飼育」の記事

まーとの出会い

12年前の10月12日は、まーが家に来た日shine

当日入荷したばかりのうさぎたちがたくさんいるなかで、私が最初に気に入った子は、グレーの子とベージュの子…coldsweats01

家族が気に入った子は、マーブル調で、とても元気のいいのうさぎちゃんcoldsweats01

 

通りかかった店員さんのひとこと、「こういうマーブルの子は、珍しいんですよ」eye

こんなまだらな子を連れて帰るの・・・think

 

と思いながら、正面から見てみると…

 

目がぱっちりしてて、可愛い顔をしていたのですheart04

 

その瞬間、この子を連れて帰りたいと思い、マーブルの子を家族として迎えましたsign03

 

Image001   

001_1

 

第一印象がマーブルみたいな毛色、マーブルチョコみたいに可愛い、ということで、“まー”と命名しましたsign03

 

ムサシにいたころは元気いっぱいだけど、家に来てからは、物静かなうさぎに育ちましたconfident

なついてくれるまで5年…coldsweats01

 

家に来て干支がひとまわりという日を待たずに、旅立ってしまったけど、ずっと大切な存在ですconfident

 

数日前の夜は、ほんの一瞬だけど、夢のなかで再会happy01

 

E2f72668

 

まーにお花を…

カタログ

1月8日、から、newカタログが届きましたnotes

 

Img_20150109_003925

Dsc_0841


チモシーロール

Sbsh1457

 

準備中…しばらくお待ちください

New カタログ

では、newカタログを無料で配布中note

 

7月25日、新しいカタログbookが届きましたhappy01 

 

Sbsh1422

 

連日の忙しさで、まだ1ページも見てないけど、落ち着いたら見ようと思っています。

うさフェスタ

11月26日&27日は、うさ飼いさんにとっての一大イベント“うさフェスタ2011”ですねhappy02

私は土曜日も仕事が休みになったけど、日帰りできる距離ではないので、参加できませんでしたbearing

 

みんな楽しんでるだろうなぁ、と思いながら過ごしてた矢先の出来事です。

27日のお昼前に、うさフェスタの福袋が届きましたhappy01

 

Sbsh0237

 

送り主はのたろさママさんconfident

袋の中には、

 

Sbsh0239

 

しっぽさんの牧草

ウーリー社の牧草・ペレットなどなど…

こちら(山形県)では手に入れることのできない商品たちがたくさん入っていましたshine

 

会場は混み合ってて、福袋の整理券を手に入れるのも大変なはずなのに、参加できない私のためにお心遣いありがとうございますconfident

ペットフードストッパー

これもまーのお迎え記念のプレゼントpresentです。。

ペレットの保存方法について、去年から考えてきましたthink

洗濯ばさみで止めてるけど、ペレットがしけってしまいそう…sad

何かいい方法がないかなぁと思いながら、ダイソーに立ち寄ってみたら、ペットフードストッパーを発見sign03

 

Sbsh0142 

 

これで少しは解消されるかなぁ‥sign02

卓上ほうき

うさぎのケージを掃除するために使ってた卓上ほうき…

 

Sbsh0128

 

今までのが古くなったので、

 

Sbsh0127

 

セリアで新しいのを調達note

 

まーのお迎え記念のプレゼントpresentのひとつです confident

しっぽさんから。。

22日、から、newカタログbookが届きましたnote

 

Sbsh0125

 

今回のカタログは、通販だけでなく、飼育関連のページもあるので、これからうさぎを飼いたい方にもオススメですsign03

表紙に書いてある、I'll be your side…(そばにいるよ)という言葉も印象的ですねconfident

 

うさフェスタ2011の案内状には、I will be your side…と書いてあるけど、I'llは、I willの短縮形ですwink

ミニウサギ

ミニうさぎとは、本来の日本のうさぎ・ジャパニーズホワイトとヨーロッパから入ってきたダッチネザーランドドワーフなどの交配によって生まれてきたうさぎです。

そのため、カラーや柄が豊富なのです。

ジャパニーズホワイトに比べると小型にはなってきましたが、体重は2~3kgになります。

中には1.5kgくらいの子もいるようですね。

名前は「ミニ」でも、大きくなります。

うさぎからの10のお願い

以前、もっぷろぐさんで紹介されていた、うさぎからの10のお願いです。

 

1.

ぼくたちは鳴かないのだ。

たまにブーだのプーだのとは言うけど。

鳴かないからって飼い易いわけじゃないのだ。

かわいいだけじゃないのだ。それなりに手がかかる生き物なのだ。

 

2.

ぼくたちは「臭く」ないのだ。

毛づくろいするから臭くないのだ。

臭い場合には明らかに飼主さんの怠慢なのだ。

 

3.

ぼくたちは「胃に入った不要な物を吐き出す」ことができない動物なのだ。

なるべく余計な毛を飲み込まないように、ブラッシングをよろしくなのだ。

特に毛の生え変わる「換毛期」と呼ばれる時は、日々のブラッシングは欠かさないようにしてくれなのだ。

ただ…大人しくブラッシングさせるとは限らないので、そこんとこ予め了承してくれなのだ。

 

4.

ぼくたちとは日々のコミュニケーションが大事なのだ。

いつもよりちょっと元気ない?食欲ない?うんちが出ない?

そんな時は「しばらく様子見て…」なんて言ってないで、できる限り早めに病院に連れて行ってくれなのだ。

ぼくたちは具合悪いのをギリギリまで我慢する生き物なのだ。

 

5.

ぼくたちは当然ながら水を飲む動物なのだ。

水を飲ますと死ぬなんてのはデマなのだ。

大人しい動物でもないのだ。

ぼくたちのうさキックはかなり強烈なのだ。

爪で怪我させる場合もあるのだ。

誤った先入観で安易に飼ったり、飼育しないでくれなのだ。

 

6.

ぼくたちは暑さと湿気が一番苦手なのだ。

特に暑い季節の室温管理には気をつけてくれなのだ。

当然光熱費が上がるので覚悟してくれなのだ。

それと当たり前の話だけど、暑い時期の「うさんぽ」はやめてくれなのだ。

うさんぽシーズンは春と秋なのだ。

 

7.

1うさじゃ寂しいだろうから、もう1うさ…

ぼくたちは安易に多頭飼いができる動物じゃないのだ。

縄張り意識が高い動物なのだ。

そこんとこしっかり把握して、じっくり考えて、ちゃんとそれぞれ子の飼育環境が確保できてから多頭飼いしてくれなのだ。

うさぎ同士の喧嘩を甘く見てはいけないのだ。

 

8.

ぼくたちはみんながみんな「うさんぽ」が好きとは限らないのだ。

お外が大好きな子も一杯いるけど、お外が嫌いな子も一杯いるのだ。

ハーネスが嫌いな子も多いのだ。

他のうさちゃんとの対面が苦手な子もいるのだ。

そこんとこちゃんと見極めてくれなのだ。

嫌いな子に無理して「うさんぽ」や、「オフ会参加」するのはやめてくれなのだ。

ぼくたちは基本「ビビリ」なのだ。

ビビッて食欲がなくなる場合もあるのだ。

パニくって暴れて大怪我する事もあるのだ。

 

9.

ぼくたちは「抱っこ」が嫌いな子が多いのだ。

抱っこが嫌いなだけで、飼主さんの事が嫌いなわけではないのだ。

その代わりナデナデ一杯してくれなのだ。

ぼくたちはナデナデ好きが多いのだ。

 

10.

ぼくたちを最後の最後までちゃんと世話をしてくれなのだ。

「何でもかんでも齧って困るから」

齧らせないようにするのが飼主の責任なのだ。

「こんなに手がかかる動物だとは思わなかったから」

手がかからない動物はいないのだ。どんな動物でも手がかかるのは当たり前なのだ。

「懐かないからかわいくないから」

ぼくたちはワンコやニャンコに比べたら、懐くまで時間がかかる子が多いのだ。

根気よく接してくれなのだ。

「引越し先に連れて行けないから」

ぼくたちは家族の一員ではないということなのか?邪魔なのか?

「病気になっちゃったから面倒見きれないから」

言語道断なのだーーー!ふざけるななのだー!!

ぼくたちはぬいぐるみでもオモチャでもないのだ。

生きているのだ。

痛みも悲しみも感じるのだ。

より以前の記事一覧

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ